電気自由化が始まるにあたって、イオングリーン電力について
知りたいと思う人が増えてくると思います。
数ある電力自由化の参入企業の中で。
イオングリーンを検討しているということは、
環境汚染に関心がある人や、出来れば自然エネルギーを
使って生活したいと考えている人が少なく無いと思います。
では、イオングリーンとは一体どんな電力なのか、
今までの電力供給とはどのような違いがあるのか調べてみることにしました!
電気自由化が始まるけど、どんな参入企業の中から選ぼうかな…と
悩んでいる人にも分かりやすくご紹介していこうと思います。

イオングリーン電力って何?

イオングリーン電力とは、イオングリーン電力会社が提供する電力のことで、
現在2017年を目処にイオンソーラーパネルを各地に設置し、自然エネルギーを
中心とした電力供給を実現しようとしている企業です。

 

イオングリーン電力,口コミ,申し込み

 

風力だけでなく、今注目中のバイオマス発電や水力発電なども
取りいれ、あらゆる地球上の資源をもとにした電力供給を行う予定のようです。
それではそんな仲でも今注目の
バイオマス発電について少し詳しく説明していこうと思います。

 

「バイオマス」とは、動植物等の生物から作り出される有機性のエネルギー資源で、
一般に化石燃料を除くものを総称しています。
そのエネルギー源を燃焼したり、あるいは一度ガス化して
燃焼したりして発電するしくみを「バイオマス発電」といい、
バイオマス燃料を燃焼することでタービンを回し、
発電機を動かすことで発電を行います。

 

バイオマス発電は燃やす燃料とその燃焼方法によって、大きく3つの種類に分かれます。
1つ目は、バイオマス燃料を直接燃焼して蒸気タービンを回す直接燃焼方式。
2つ目は、燃料を熱処理することでガス化し、
ガスタービンを使って燃焼させることで発電を行う熱分解ガス化方式。
3つ目は、燃料を発酵させるなど、生物化学的にガスを発生させ、
そのガスをガスタービンで燃焼させて発電する生物化学的ガス化方式です。
直接燃焼方式は、木くずや間伐材(森林の育成のために間引いた木材)、
可燃性ごみ、精製した廃油などを燃料として使います。
木くずなどは「木質ペレット」という小さい固形状の燃焼物に、
間伐材などは粉砕して「木質チップ」等に加工することで、
輸送しやすくするとともに燃焼効率を高め、エネルギー変換効率を高めることができます。